ランクル250テレビキャンセラーの取り付けしてみました

ランクル250のテレビキャンセラーを取り付けてみました。

ただ、現状はamazon等には安いケーブルがまだ出ていません。
そんな中色々と調べてみると1件だけテレビキャンセラーが発売されていた為、即購入しました。

最近1件テレビキャンセラーが追加されていましたので、テレビキャンセラー購入に載せておきます。

【追記】
テレビキャンセラー(車速信号を切るタイプ)を取り付けた場合、パーキングブレーキ及びクルーズコントロールのエラーが出るようになります。その回避方法も載せておきました。

 

 

テレビキャンセラー購入

ちなみに、金額はプレミア価格となっており、ケーブル及び施工方法が書いてあって5,980円でした。

Yahoo!ショッピング

 

【追記】
最近1件増えたようなのでリンクを貼っておきます。

 

テレビキャンセラー施工方法

僕が購入した物には施工方法が記載されていました。
ただ、注意点がありましたのでそれも含め書こうと思います。

ハンドル下部のカバーを少し外す

ハンドルの下部にある赤〇のネジを外し、青〇のつまみを押しながら下方向に引き下げます。
この時、少し下にズレる程度で良いです。

 

センターコンソール右側のパネルを外す

最初に赤矢印の方向に向け外してから、その後後ろの席に向けて引っ張ると外せます。

 

シフトノブを外す

シフトノブを外すには、まずブーツを引き下げ、ピンを外さなければいけません。
そのピンは精密マイナスドライバー等で引っ張ると抜けるのですが、ピンが飛んで行ってしまいます。
なので、ピンに手を添えつつ、ゆっくり外すと、シフトノブを外すことができます。

写真が無いので後で撮影します。

 

シフトパネルを外す

シフトパネルは、赤〇部に指を入れ込み、全体的に上に持ち上げるように外すと外れます。
コネクタが3本接続されている為、全て外します。

ここからはSTARTスイッチは絶対に押さないでください。

 

モードセレクトスイッチパネルを外す

モードセレクトスイッチパネルは、手前上部(自分の顔の方向)に向けて引っ張れば外せます。
コネクタが2つ接続されていますので、両方とも外しておきます。

 

スタートスイッチパネルを外す

このパネルも手前に引っ張れば外れます。
コネクタが1つ接続されていますので外します。
青色の箇所には養生テープ等を貼っておきます。

 

エアコンパネルを外す

まず赤色の丸のビスを外します。

青色の部分には養生テープなどを貼っておきましょう。

次に、ネジを外した箇所あたりから手前に外していきます。

ただ、左側の吹き出し部の右側あたりに白色のストッパーがありますので、マイナスドライバー等で上に持ち上げて外します。(この箇所の写真はありません)

エアコンパネル裏の赤丸部のコネクタを2つ外し、ハーネスを留めている青色部のコネクタを外します。

 

ナビ裏側のパネルを外す

キズが付かないようにマスキングテープ等を張り付けて、写真のように外します。

 

パネルを外し終えたら、ディスプレイオーディオのボルトを4か所外します。

但し、完全にディスプレイオーディオを外す前に、タオルなどで養生します。

 

下の写真は、テレビキャンセラーを取り付けた状態の写真です。
黒色のコネクタの隣のハーネスを抜き、テレビキャンセラーを取り付けます。

 

テレビキャンセラーON/OFFボタンを取り付ける

テレビキャンセラーのON/OFFボタンを付ける場所に若干悩みました。
シフトノブの奥か、ガソリン車の場合、STARTスイッチ下でも良いかもしれません。

僕は、総合的に見てシフトノブ奥に決め施工しました。

配線ガイドなどを使用しハーネスを這わせます。

スタートスイッチパネルから覗いた状態です。

スイッチをテープで貼り付け、ハーネスを固定します。
この向きで付ければ、電源マークが逆にならないです。

取り付けた感じはこのようになります。

 

ちなみにですが、STARTスイッチ下にテレビキャンセラーのボタンを仮に付けた写真も念のため貼っておきます。

 

すべて元に戻す

上記の説明で養生テープを張り付けた所はキズが付きやすい箇所なので必ずやっておいた方が良いです。

 

車速信号を切るタイプのテレビキャンセラーでエラーが出る回避方法

走行中にテレビを見たり操作した場合、メーターにワーニングが出るようになります。

ワーニングについては、丸の中に赤い「!」のアイコン(パーキングブレーキ)とオレンジ色のレーダークルーズコントロールのエラーが出るようになりました。
速度計の下には、LCA(レーンチェンジアシスト)とレーダークルーズコントロールのマークが出て、「機能停止」「取扱書を確認」が出ます。

発生する時は、おそらくですが、60km以上走行中にレーンアシストが効いた場合に出るのではないかと思われます。

 

回避方法としては、車速信号のON/OFFスイッチがあれば、OFFにし、エンジンを掛け直す事で復帰します。

車速信号のON/OFFスイッチが無い場合は、スイッチを付けてもらうか、テレビキャンセラーハーネスを外すしかないかと思われます。

 

以上のことを考えると、テレビキット等の方が良いかもしれませんね。

ただ、まだ発売していないので、しばし待つしかないようです。