キャンパーさん必見!これがあるとキャンプがメチャクチャ楽になるアイテムを教えます!

一昨年キャンプ用に買ったとても便利なアイテムを皆様に教えようと思います。

そのアイテムとはブロワーです。

これ本当に便利なんです!

 

 

ブロワー機器の選択

僕はMAKITAのUB186DZというブロワーを使用しているのですがこれがキャンプ用でも自宅用でもかなり使えるんです。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥9,594(2021/09/21 12:01:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

最近はこのMAKITA製品の中国版であるabedenというメーカーのHY-8010という物が安くて使えるみたいですが、僕は使用したことが無いので何とも言えません(;’∀’)

 

makita製ですがバッテリーが付いているとかなり高価になります。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥30,010(2021/09/21 12:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

なので僕は、バッテリー及び充電器は中国製を使用することで出費を下げました。
僕が購入したモデルは既に無いらしく下記のようなもので口コミが多くて☆が多い製品を探して購入すると良いと思います。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥3,900(2021/09/21 12:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブロワーのショートノズルを安く購入する裏技

僕はUB186DZを購入したのですが、この製品は元々ロングノズルが付いています。

たまにショートノズル(123245-4)が欲しくてamazonを検索すると2021年6月現在で1,232円ですが、この価格ぶっちゃけ高すぎなんですよね。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥588(2021/09/22 01:03:03時点 Amazon調べ-詳細)

ホームセンター等で取り寄せてもらうとこの価格の半額程度で購入できます。

直ぐにでも欲しい方はamazonでポチってください!

 

何故ブロワーがキャンプで使えるのか?

さて今回の本題ですが、何故ブロワーがキャンプでめちゃくちゃ使えるのかをお教えしようと思います。

①キャンプに行く時期にもよるが、テントを設営する場所の落ち葉を払うのに使用

どうしてもテント下は1日以上経過すると蒸れちゃうんですよね。そうするとテント下に敷くシートに落ち葉がくっついて取れなくなるのを防げるようになります。

 

火起こしに使用できる

火起こしって結構大変ですよね。炭の種類にもよるかとは思いますが、着火剤があったとしてもほっといても30分~1時間かかることがあります。

ですがブロワーを使用するとそんな悩みはすぐ解決します。少しでも着火してしまえばあとはブロワーで吹き飛ばしてしまえばすぐに火がおこせます。

 

エアーベットやインフレーターマットの空気を入れる

エアーベットの空気を入れるのはめちゃくちゃ楽です。これなしではいられません。

 

④子供たちが遊ぶボールや浮き輪の空気を入れる

これはもう言わずとも一発で入れられます。

 

朝露が下りたテントやタープの水気を飛ばす

さーて、これからかたずけるぞ!って時にテントが朝露でビチョビチョだと畳みずらいですよね。そんな時はブロワーで水気を吹き飛ばしてしまいましょう!テントが撥水しているのであれば直ぐに飛んでいきます!

 

これだけでもブロワーがあるのと無いのでは雲泥の差です

僕は購入して本当に良かったなと思いますし、他の人にもオススメできる製品だと思っています。

 

こんな事を考えている方がいたらブロワーを使ってみたらもう手放せなくなりますよ!

 

あとはこのブロワーですが、キャンプの時に限らず、家でも色々と使用できます。

エアコンや空気清浄機等のフィルター類のホコリを飛ばしたり、落ち葉を吹き飛ばしたりできます。

 

是非ともお試しください。